よくあるご質問

使用後どれくらいで効果が出ますか?

散布後、水を与えることによって活菌しますが線虫捕食菌はキノコの一種で
菌糸を伸ばしてセンチュウを捕らえながら広がっていきますので即効性はございません。
散布後おおよそ1週間後くらいから徐々に効果が実感出来ております。
又、毎期ごと継続施用することで有害センチュウが発生しにくい土壌になってきます。

使用後どれくらい効果が持続しますか?

線虫捕食菌はセンチュウを栄養として繁殖する菌なので
センチュウがいる限り効果持続致しますが
強い菌ではない為、他の微生物菌の影響を受けて劣化していくことも否めません。
追肥のタイミング等で新たな散布を定期的に加えていただく事を推奨しております。

使用期限は有りますか?

製品は線虫捕食菌を乾燥(フリーズドライ化)し、
その他の成分においても安定的な物質でつくられておりますが、
約半年(180日)を品質保持期間としております。
特に開封後は湿度等により配合成分の性質劣化が進みますので、
直射日光と高温を避け水気のない乾燥した場所で保管いただくようお願い致します。

農薬と併用出来ますか?

殺菌剤、殺虫剤の使用後は数日経過(ガス抜き)してからご使用下さい。
同時使用、直前直後使用されると線虫捕食菌は死滅してしまいます。
農薬散布しセンチュウ密度を低くしてから、
その後にハーベストライズNをご使用いただくとより高い効果結果が出ております。

線虫捕食菌のエサは必要ないのですか?

センチュウのみを栄養として捕らえる菌に培養していますので、
センチュウがエサになりますがセンチュウがいない場合は
その場で停滞しているだけなのでエサは要りません。
しかしセンチュウがいないと少しずつ劣化し効果は弱まります。
本材は「植物寄生性線虫」のみを捕らえる菌になりますので、
非植物寄生性線虫(小動物寄生線虫や細菌摂取線虫など)は捕らえません。
※)参考動画 わなで捕らえる線虫捕食菌

土壌内のセンチュウ密度を計測してもらえますか?

線虫密度の計測は実施しておりません。
お手数ですが線虫密度計測サービスを実施している専門会社へのご依頼を御願い致します。
ご必要であれば専門企業をご紹介させて頂きます。

既にセンチュウが根に入り込んでいますが改善されますか?

既に根に入られているセンチュウを無くすことは出来ません。
根に近づいてきたセンチュウを捕らえる性質のものとご理解下さい。
従って作付前の土壌混和、定植時株穴投入、定植後の株元散布をしっかりと実施して下さい。
※)参考動画 畑のやっかいもの

効果が出ない条件を教えてください。

農薬等化学薬品、消毒剤との同時使用の他、
土壌Ph値が強酸性、強アルカリの場合、(どちらかというと酸には強くアルカリに弱い傾向有)
地熱消毒等による地熱温度が高い場合やミネラル塩等との併用、
線虫捕食菌が直射日光に長時間さらされた場合(紫外線に弱い)等。
又、センチュウ密度が極端に高い場合、
散布量を通常より2~3割程度多くし線虫捕食菌の増殖を助長して下さい。

ケイ酸成分は他社品と何が違うのですか?

一般的に販売されているケイ酸資材はケイ素の成分要素が多く、
純然たるケイ酸でないものもございます。
本来ケイ酸は硝子成分の液体(例えば何百年前から存在するステンドガラスからにじみ出る液体)
が本物のケイ酸になります。弊社は天然のケイ酸塩鉱物から染み出すケイ酸の土壌融解率を高め、
(独自技術)作物の根に効率よく吸収される加工を施しておりますので有用なケイ酸として
作物に与えるその効果がより高くなっております。

ケイ酸成分の他に何か配合されていますか?

ハーベストライズN・Si、それぞれ他成分として、
各種ミネラル群(苦土、石灰、加里、鉄、銅、亜鉛)等を配合しております。