pickup

インタビュー

『ハーベストライズN』1株あたり2g施用で部会での反当り売り上げがトップ成績になりました!

米(稲作)

今春の田植えからAbsm SIMを使用した。今年から田植えの株数を減らす為(株数を50)、苗箱通常20枚(1反分)を

16~17枚に減らしたが結果的に収穫量が1反あたり1俵増加し驚いている。面積は約2町部なので約1.2tの増量となったとの事。

例年稲刈り時期はお盆明けから9月にかけて行うが、今年はその時期でも稲の色が未だ青々としていて未だ成長している

稲インタビュー

『ハーベストライズ Si』苗箱にパラパラ撒いただけ手間要らずで1反あたり1俵増加!

米(稲作)

今春の田植えからAbsm SIMを使用した。今年から田植えの株数を減らす為(株数を50)、苗箱通常20枚(1反分)を

16~17枚に減らしたが結果的に収穫量が1反あたり1俵増加し驚いている。面積は約2町部なので約1.2tの増量となったとの事。

例年稲刈り時期はお盆明けから9月にかけて行うが、今年はその時期でも稲の色が未だ青々としていて未だ成長している

インタビュー

『ハーベストライズN』1株のつるから確実に3~4玉採れるようになりました!(他アスパラ有)

農業を始めて40年、毎年平均コンテナ200ケース出荷だったのが、エースプラスを使用した年は400ケース出荷になりその翌年は500ケース出荷になった! 

通常一株のつるからは2玉採れていたが、エースプラスを使用してから一株から3~4玉採れるようになっている。